本 新着 アスペルガー症候群改善・治療

  

アスペルガー症候群を改善!「ASミラクルナビ」
アスペルガー症候群を改善してきたスペシャリストが、そのノウハウを凝縮して作り上げたプログラムです


正しいアスペルガー症候群改善方法

正しいアスペルガー症候群改善方法

◎自分がどのようなタイプにあてはまるかを確認する事

◎自分のタイプをキチンと知る事が重要

タイプが違うと解決方法も違う
★1つの方法で全ての人を解決する事は出来ない

アスペルガー症候群3つのタイプ
1.アスペルガー症候群+社会性タイプ
★社寄性に乏しい

★「場の雰囲気」を読み取ることが苦手
・子供の場合、全く違う行動を取ってしまい、「悪ふざけをしている」などと思われてしまう

★初めて行う事に、抵抗感を表し、自分の習慣として受け入れるまでに時間を要する
★人前でしていい事と、そうでない事の判断がつかない

2.アスペルガー症候群+コミュニケーションタイプ
★相手を不快な気分にさせがちなのがこのタイプ
★思った事を正直に表現してしまうので相手を傷つけてしまう
★相手が何を言いたいのかを読み取れず、自分もどう伝えたらいいのか分からない

3.アスペルガー症候群+想像力タイプ
★あいまいな表現、適当な表現の中身が理解出来ない
・もう少し早く、多めに少なめに

★文章化されていない事を言葉にして伝えるのが難しい
★工夫が必要とされる事には、取り掛かるまでには時間がかかり、拒否する場合もあり

タイプごとの主なアスペルガー症候群の原因
1.アスペルガー症候群+社会性タイプの原因
★様々な局面に遭遇していない
・子供のうちは非常に多い

★自分の興味のない事には無関心になり易く、社会性に乏しくなってしまう

★無理に受け入れさせると精神的に不安定になってしまう
・少しずつ新しい事を取り入れる、周りの工夫が必要

2.アスペルガー症候群+コミュニケーションタイプの原因
★言葉の使い方がうまく出来ない事が原因で、支障をきたす
★言葉を考えるのが苦手なので、そのことばかりに気をとられ、表情が乏しくなる
★効果的な言い回し、場面にあった言葉の使い方を規則的に覚える事で、問題を解決出来るケースもあり

3.アスペルガー症候群+想像力タイプの原因
★自分の興味のない事には想像力を働かせる事が出来なくなる
★想像力を働かせる事が出来ないと言うよりは、働かせる必要を感じないのかも
★興味を持つ範囲を広げるのが大切

◎中間に位置する人は、2つの原因がからみあっているで複雑に見えるが、ひとつひとつ対処すれば問題なし

◎アスペルガー症候群には様々な原因が考えられるが多く起きている症状を参考にすると良い

成瀬式アスペルガー症候群改善術 詳細

戻る アスペルガー症候群を改善出来ない理由
進む アスペルガー症候群改善の4ステップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック